ワールドミッション攻略 対戦用おすすめカード デッキ採用率が高いカード~ドラゴンボールヒーローズ専門店 販売・買取トレカーバンクル~

今回はニンテンドースイッチで発売されたスーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッションの対戦用おすすめカードを紹介していこうと思います。

ワールドミッションではネットワークバトル→オンライン対戦→レギュラー対戦 or ガチ対戦で全国のプレイヤーと対戦することができます。

友達と対戦する際はローカル対戦 or フレンド対戦を選択してください。

今のところ11戦しています。勝敗はこちら

10回程度の勝利でガチ対戦が解放されました。
ちなみにレギュラー対戦で10連勝しても称号は何もありませんでした。
今のところ勝率100%なので、なるべく勝率を下げないように頑張りたいところです…

発売してまだ間もないので今後環境の変化はあると思いますが、現在対戦でおすすめのカード(だいたいそれが対戦あいても使用してくるカード)を紹介していこうと思います。

まずはおすすめアタッカーを紹介します。

1枚目はUM1-SEC 孫悟空です。


アビリティ『習得した極意』【バトル開始時、自分の与えるダメージが3倍になる。ただし、2ラウンド目終了時、自分のパワーとガードが永続で1になる。】と必殺技発動時の究極バーストで脅威のダメージを叩き出します。
2ラウンド目終了時にパワー・ガードが1になりますが、現在の環境では2ラウンドで勝敗が決まることが多いのでそれほどデメリットになりません。
UM2-035 トランクス:未来などが使用できるアビリティ『仲間への指南』のリンクを当てて1ラウンド目から必殺技を発動させる使い方がおすすめです。
上手くいけばUM1-SEC 孫悟空のワンパンでK.O.することができます。

2枚目はSH6-SEC2 大神官です。


アビリティは自分チームのアタッカー全員のパワー+30000という単純ですが強力な効果です。
勝負ラウンドで発動させて一気に押し切りましょう。
UM1-SEC 孫悟空と合わせ必殺技を発動させれば、あいてが対策をしていない場合確実にK.O.することができます。

3枚目はUM2-031 孫悟空です。


対人戦での使用率が最も高いカードかもしれません。
アビリティ『悪意の侵蝕』【毎ラウンド開始時、自分の気力が25%以上ある時、自分の気力がダウンする代わりに、自分の与えるダメージが永続で2倍になる。】を2ラウンドまで発動させると悪の究極龍拳のダメージが跳ね上がります。
チャージインパクトに関係なくダメージを与えられるので、2ラウンド目に悪の究極龍拳を先に撃った方が勝ちというケースが非常に多く、逆にいえば2ラウンド目に先攻を取れば勝率がかなり高くなります。
悪の究極龍拳発動後にガードが4000下がりますが、これも2ラウンドで勝敗が決まることが多いためそれほどデメリットになりません。

4枚目はSH8-SEC ゴジータ:ゼノです。


アビリティ『一騎当千の合体戦士』【1人でアタッカーにすると、そのラウンドのみ自分のパワー+10000&3回攻撃する。[毎回]】の効果を発動させ、SH2-59 ギネ or SH3-59 フリーザをくっつけて使用するのがおすすめです。
『仲間への指南』のリンクを当てるとまさに一騎当千の合体戦士となります。

ワールドミッションのオンライン対戦ではアーケード版の一部のカードしか使用できない影響か、序盤で試合を決めにくるデッキを使用してくる方が非常に多いです。
そのため2ラウンド目に先攻を取れるかが非常に重要になります。
そこで、次は戦闘力を上げ先攻を取りやすくするカードを紹介します。

1枚目はSH4-SEC メチカブラです。


1バトルにつき2回まで戦闘力を15000上げることができます。
1ラウンドで決めるデッキでも2ラウンドで決めるデッキでもどちらのラウンドも先攻が取りやすくなります。
その反面メチカブラは攻撃に参加できないことと、スペシャルカードは1枚しか採用できないためSH6-SEC2 大神官やSH2-59 ギネなどの火力を上げるカードと併用できないことがネックとなります。
ですが、先攻を取ることを目的とした場合は非常に優秀なカードです。
今作では単体カードで出せる戦闘力では1位?のカードとなります。

2枚目はUM2-034 ベジータです。


アビリティ『蒼きサイヤ人』【アタッカーにすると、作戦決定時、「自分チームのアタッカーの人数×1500」自分チームの戦闘力がアップする。ただし、アップした戦闘力で、ヒーローエナジーはアップしない。[毎回]】の効果で7枚出し時に10500戦闘力を上げることができます。
2ラウンド目に戦闘力を出せるカードではSH4-SEC メチカブラに続き2番目?に高い戦闘力を出すことができます。

3枚目はUM2-SEC2 ゴールデンクウラです。


1ラウンド終了時に敵チームよりHPが低い場合は戦闘力を永続で+6000します。
UM2-034 ベジータと違いアップした戦闘力でエナジーが貯まることが大きな魅力ですが、敵チームよりHPが高いと+2000しかされません。
毎回狙って+6000にすることができないので過信は禁物です。

4枚目はUM1-62 ゴジータ:GTです。


アビリティ『究極の超サイヤ人4』【毎ラウンド終了時、そのラウンドで自分チームが受けたダメージが5000未満の場合、自分のパワーと戦闘力が永続で3倍になり、気力が全回復する。】の効果で2ラウンド目に最大9000戦闘力を上げることができます。
さらに3ラウンド目は戦闘力が4倍になります。
条件付きのアビリティですので、ダメージを抑えることのできるSH2-SEC セル:ゼノ等と合わせて使うと効果的です。

現在の環境では強力なアタッカーを採用する→戦闘力を上げて先攻を取る→チャージインパクトに勝利して必殺技で決めるという
ヒーローズの基本的な部分が強く出ているデッキ編成の方が多いように感じました。
戦闘力制限アプリやダメージ軽減アプリ等を所持している方が増えてくるまでしばらく同じような環境が続きそうな気がします。
次回は今回おすすめしたカードを対策できるカードを紹介しようと思います。

今後もいろいろなデッキを考えてアーケード版、スイッチ版ともやっていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。。


SDBH|ドラゴンボールヒーローズ 専門店『トレカーバンクル』【高価買取・激安販売】
https://cardbuncle.com
東京都千代田区外神田1-16-10 ニュー秋葉原センタービル403
03-5244-4732

LINEで簡単査定
@cardbuncle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です