決勝戦!第5回 NOAバンクル杯~part6~のデッキ解説~ドラゴンボールヒーローズ専門店 販売・買取トレカーバンクル~

第5回大会もいよいよ決勝戦!ven VS イサルド
今回はイサルドさんのデッキ解説になります。

YOUTUBEのリンク
【ドラゴンボールヒーローズ】決勝戦!第5回 NOAバンクル杯~part6~【sdbh】

使用していたデッキはこちら

イサルドさんが使用しているデッキはHGD6-56スーパーベビー:トランクスを使ってアタッカー人数で、あいてアタッカーの数を上回れば貫通ダメージを与えていくデッキです。

では、今回も使用したカードを1枚ずつ紹介していきます。

1枚目はHGD6-56スーパーベビー:トランクスです。通称・ベビトラ。

ドラゴンボールGTに登場したベビーがトランクスに寄生した状態ですね。
このカードは仲間アタッカーの数が敵アタッカーの数より多いとき、仲間全員が敵のガードとダメージ軽減効果を無効にして攻撃します。
いわゆる貫通攻撃です。ベビトラを使うときはアタックエリアに全カードを出したままでプレイする人が多いようです。
ドラゴンボールヒーローズを始めたばかりの初心者から上級者まで幅広く使える強カードだと思います。

2枚目はHGD10-SEC魔神ドミグラです。通称・魔強化ドミグラ。
気力回復に使われる代表格の1枚です。
このドミグラの暗黒のゴッドメテオとベビトラの相性は抜群に良いです。
貫通状態になりたくない相手チームがアタックエリアに出したカードは、ゴッドメテオの固定ダメージの餌食になってしまいます。

3枚目はUM7-071ゴジータ:BRです。

ガードが7000以上ある敵アタッカー全員のガードを無効にすることができます。
UM5人造人間8号(通称・ハッチャン)やUM7スーパーオレンの対策によく使われる1枚です。

4枚目はHGD3-58時の界王神です。推定年齢7500万歳。

守りの要として対人戦・バトスタで使われることが多い1枚です。
サポーターにすると、そのラウンの敵チーム全員の与えるダメージを50%に半減します。
更に、パワーが15000以上の敵がいる場合は90%カットになります。
今現在パワーを上げるカード(UM3ロベル等)が多い環境のため、守りたいラウンドでしっかりとその役割をはたしてくれます。
ちなみに、相手チームのベビトラのアビリティを止めることもできる優秀なカードです。

5枚目はSH5-69ベルモッドです。

以前に大流行したホイ・タンバリン対策(通称ホイタン)として使われることが多い1枚です。
アビリティは戦闘力バトル時、毎回パワーが100未満の仲間のチャージインパクト勝利時にあたえるダメージ+2000。
パワーを下げられたら固定ダメージを与えることができます。
最高で2000固定×7人で14000ダメージとなります。

6枚目はUM10-042ブロリーダークです。

このカードは戦闘力バトル終了時、自分チームのHPが50%以上の場合、そのラウンドのみ必要エナジーに関係なく必殺技が発動可能になり、
自分のパワーとガードが永続で+5000です。
1ラウンド目はほぼほぼアビリティが発動可能となります。覚醒バースト持ちなので必殺技を発動できれば大ダメージ・気絶も狙えます。

7枚目はヒーローアバターカードです。

今回は界王神アバターのエリートタイプでした。界王神アバターの特徴はフリーズ持ちなので相手の攻撃を1回封じることができます。
エリートタイプのフリーズは気力ダメージを多く与えるので、高確率でフリーズした相手を気絶させることも可能です。
アバターの育成スピードが速いので界王神アバターから育てたという人も多いのではないでしょうか。

相手のvenさんはSPタイプを採用していたので、イサルドさんはスーパーベビー:トランクスのアビリティ発動のチャンスでしたが、惜しくも準優勝となってしまいました。
アタッカー人数で勝ると貫通攻撃をあたえるベビトラは1度は使ってみたくなる1枚ですね。持っていても損することはないカードだと思います。

第5回NOAバンクル杯は見事venさんの優勝で幕を閉じました。今回も毎試合ハイレベルな戦いが繰り広げられました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

今後もいろいろなデッキを紹介していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。


SDBH|ドラゴンボールヒーローズ 専門店『トレカーバンクル』【高価買取・激安販売】
https://cardbuncle.com

スーパードラゴンボールヒーローズ買取表
https://cardbuncle.com/doc/dbh_kaitori/

東京都千代田区外神田1-16-10 ニュー秋葉原センタービル403
03-5244-4732

LINEで簡単査定
@cardbuncle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です